読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちは。小十郎です。

こんにちは。

 

ボクは、小十郎景綱ジョン・ランボーっていいます。

でも「ちびちゃん」と呼ばれています。

 

8月でさんさいになります。

おとーたまはミウラセンセイといいます。

 

シモン兄ちゃんと一緒に住んでいます。

ねーちゃん(おとーたまの弟子らしい)によると、
おとーたまの治療室の前で
「あ、子猫の鳴き声がする」と気がついたそうで、
おとーたまが隣の家のヒトにお願いして、
塀を登ってみたら、
ボクが木の枝と壁の間にはさまって
鳴いていたそうです。

 

翌日、ねーちゃんがどうぶつびょういんに
連れて行ってくれました。

 

猫好きのねーちゃんも「こんな小さい子猫は育てたことがない」
と、焦り、びょういんの先生に相談したところ

 

びょういんの先生も「これは小さいねぇ」と言い、
体温が下がっているから温めて、ミルクをあげてください、って

おしえてくれたそうです。


ミルクがおいしくて、ボクはたくさん飲みました。

おとーたまがタオルにくるんで飲ませてくれました。

 

おいしくておいしくて仕方なかったんですが、あるとき
よくわからないけれど、飽きちゃったな、と思いました。

 

お兄ちゃんが食べているカリカリを食べてみたら
美味しかったので、カリカリを食べることにしました。


子猫用のカリカリを買って貰ったんだけど
お兄ちゃんが食べてるカリカリが美味しいので、
一緒に食べてます。

 

f:id:lovecats:20150625120649j:plain

 

 

拾われた時のボクです。まだ瞳孔が開きっぱなし。うちゅうじんみたい。